www.simplegameframework.com
現実にパソコンの。画面の前に座って、休むことなく変動している為替レートを目を向けていると取引をせずにはいられなくなるという衝動に駆られる場面も少なくありません。だけど、あやふやな思いつきでトレードするのだけは絶対に避けてほしい。確かに、外国為替市場は終日、どういう時でもいずれかの外国為替相場は開かれているしマーケットも常に変動しています。そうであっても、何回もトレードをしていると、それだけ損失が生じるリスクが増します。当然の事ながら、エントリーの回数を重ねることによって、トータルで儲けられる確率が五分五分になるのは事実です。でもこれは「漠然とした直感で売買」とは別の問題です。注文回数を積み重ねる意味というのは自分自身が「ここだ!」と思いついた機会を得たうえでの売買回数を積むという意味である。特段の理由も無く、休む間もなく売り買いを積むのとは明確に違います。外国為替市場の駆け引きに勝つためには、自ずから主体的にメリハリをつけることこそが大事です。「ここがチャンス」と思った相場の時には思い切って持っているポジションを多くして思い切り利益を追求する。「明らかに難解な外国為替相場でどう上げ下げするのか考え付かないな」と感じたならば観念して所有ポジションを全部諦めて何もせず静観します。そのくらいのテンポでやった方が、最後には注文はうまくいくものだ。為替相場の格言には「休むも相場」というものがあります。まさに言葉どおりです。FXとは、いつでもポジションを持つことが大切ではなくポジションを持たずにじっとしていることも事態によっては必要です。それでは、どういった時に休むといいのでしょうか。第1に考えられるのが、前述したように、直近の外国為替市場が曖昧で理解できない時です。これから上がるのか下がるのか見通せない時は、間違って判断すると、自分で思った脚本とは逆方向に為替相場が向ってしまい損をする事になります。そのため、そんなケースではポジションを閉じそのまま何もぜずに静観しているのが唯一出来る事です。もうひとつの場面は、体の状態がすぐれない時です。体調と為替相場に関係しないと考える投資家もいますが実は意外に関係があります。体の具合が思わしくなければ外国為替市場の失敗できない状況で、正確な判断が難しくなります。気分が進まない時は市場から離れてみるのも必要な事です。